[ワシントン 24日 ロイター] - 米国際貿易委員会(ITC)は24日、中国製の鉄鋼車輪が米国に不当に安い価格で輸入され、米車輪メーカーが損害を被ったと判断し、5年間にわたって大幅な輸入関税を課すと発表した。

今回の決定は今年3月の米商務省の判断を受けたもので、中国の全鉄鋼車輪メーカーに対し、321%の反ダンピング関税と457%の反補助金関税が課される。[nL3N21947D]

対象は普通トラックや大型トラックなどの商用車に使われる22.5インチおよび24.5インチの中国製の鉄鋼車輪。2017年の輸入実績は約3億8800万ドル。