[ソウル 12日 ロイター] - 韓国国家安保室の金有根(キム・ユグン)第1次長は12日、韓国が輸出管理を適切に実施していなかったとの指摘が日本政府から出ていることに深い遺憾の意を表明し、日本側は明確な証拠を示す必要があると訴えた。

金次長は、韓国は北朝鮮に対する国連制裁決議と戦略物資や軍民両用の技術に関する国際的な輸出管理の枠組みを完全に順守してきたと強調した。

韓国はこれまで、北朝鮮の兵器開発に用いられる恐れがある材料を輸出したとする日本のメディアの報道を否定してきた。

日本は今月、韓国向け半導体材料の輸出規制を強化した。