[香港 13日 ロイター] - 中国外務省は13日、香港問題を巡り米国に対し内政に干渉しないよう要請した。香港で起きている中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動について、中国は米国が関与している可能性があると示唆。米国はこれを否定している。

香港当局の対応を巡りこれまでに民主党のペロシ下院議長らが市民に対する暴力と非難していることについて、中国外務省の華春瑩報道官は声明で「事実を無視し、暴力的な犯罪行為を自由と人権への戦いとして美化している」と批判。「米国は干渉するべきではない。香港は米国による懸念は必要としていない」とした。