[成都(中国)/東京  24日 ロイター] - 日中韓は24日、首脳会談を行い、北朝鮮の非核化に向け対話を進めていくことで一致した。会談後の共同記者会見で中国の李克強首相は、対話を通じて北朝鮮問題の解決を目指すべきで、そのために3カ国間の協力が必要と再確認したと述べた。

韓国の文在寅大統領は「私たちは、朝鮮半島の平和は3カ国共通の利益になるという見方で一致し、早期の米朝協議を通じて非核化と平和が継続するよう共に取り組むことを決めた」とコメント。

安倍晋三首相は「(北朝鮮の)完全な非核化に向けて米朝プロセスを最大限後押ししていくことが重要だ」と述べた上で、「関連安保理決議の確実な履行と米朝プロセスのモメンタムを維持し続けていくことが、日中韓3カ国の共通の立場であることを確認した」と語った。