[ナイロビ/ワシントン 5日 ロイター] - ケニア東部ラム郡で5日、ソマリアを拠点とするイスラム過激派・アルシャバーブが米軍とケニア軍が合同で運用する基地に攻撃を仕掛け、米兵1人と米軍請負業者の米国人2人の計3人が死亡した。米軍が発表した。

米アフリカ軍司令部は3人の死亡を確認し、これとは別に米国防総省の職員2人が負傷したと明らかにした。容体は安定しており、退避させたという。基地はソマリアとの国境に隣接するマンダ湾にある。

米軍は3日にイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害しており、イランとの緊張が急速に高まっている。そのなかで、ケニア駐留基地の攻撃は起きた。

目撃者や軍関係筋によると、攻撃は5日未明に開始し、約4時間続いた。

ロイターが確認したケニヤ警察当局の報告によると、軍用機2機、米軍のヘリコプター2機、多数の米軍用車両が攻撃により破壊された。ケニア軍は、アルシャバーブの戦闘員5人が死亡したと発表した。ケニア側の死傷者は報告されていない。

アルシャバーブはこれより先に出した犯行声明で、軍用機7機と軍用車両3台を破壊したと表明していた。

米アフリカ軍司令部は、攻撃当時に同基地に駐留していた米兵士は150人弱だったと明らかにした。米軍はケニアで東アフリカの兵士の訓練やテロ対策の支援を担っている。

米アフリカ軍のスティーブン・タウンゼンド司令官は「米国はアフリカなどのパートナー国とともに攻撃犯の責任を追及する」と表明した。