[東京 22日 ロイター] - 安倍晋三首相は22日、経済財政諮問会議で、地方行財政と医療介護のデジタル化作業を菅義偉官房長官と加藤勝信厚労相に、経済・財政成長戦略「骨太の方針」の策定作業を西村康稔経済再生相に指示した。

首相は「地方行財政と社会保障、どちらの分野も今回の新型コロナウイルス感染症の拡大の経験を通じてデジタル化を強力に推進していくことの意義、重要性について、国民の誰もが痛感した」と指摘。「国・地方ともに行政サービスをデジタル化し、デジタル政府を国民目線で構築するのはもはや一刻の猶予もない」と述べ、「医療介護のデジタル化は、感染症の第2波到来などに備える上で極めて重要だ」と強調した。

骨太の方針に関しては「今回の感染症拡大で明らかになった課題に正面から向き合い、質の高い経済社会の実現、それに向けた社会変革の方向性を盛り込んでいきたい」とした。

(竹本能文 編集:田中志保)