[北京/台北 17日 ロイター] - 中国外務省は17日、クラック米国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)の台湾訪問を巡り中国は「必要な対応」をする方針で、すでに米政府に抗議したと明らかにした。

クラック国務次官は、李登輝元総統の告別式に参列するため17日に台湾入りする予定。18日には蔡英文総統と会談する見通し。

8月にはアザー米厚生長官が台湾を訪問している。

中国外務省の汪文斌報道官は会見で、クラック氏の台湾訪問に「厳しく抗議」したと明らかにし、中国は米国と台湾の当局レベルのいかなる交流にも反対すると述べた。

クラック氏の台湾訪問は、台湾独立派を勢い付け、中米関係に打撃を与えるとし、「米国に対し台湾問題の敏感さを完全に理解するよう要請する。今後の状況によっては中国は必要な対応をすることになる」と述べた。詳細には踏み込まなかった。