[ロンドン 3日 ロイター] - ジョンソン英首相と欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は3日行った電話会談で、自由貿易協定(FTA)などの将来の関係を巡る交渉について、大きな溝を埋めるために一段と取り組むことで合意した。

英国とEUは2日、将来のFTAに向けた5日間の交渉を終えた。協議はある程度進展したが、対立点はまだ解消していない。

両氏は会談後に共同声明で、EUと英国の将来の戦略的関係の強固な基盤に向け合意に達することが重要だとの認識で一致したと発表。ここ数週間進展がみられたものの、依然大きな対立点があると説明した。

その上で、そうした対立点を解消するため一段と努力するようそれぞれの交渉官に指示したと明らかにした。