[ブリュッセル 2日 ロイター] - 欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は2日、EUが新型コロナウイルスのワクチン確保に向けて、さらに多くの企業と交渉していると語った。一方、欧州で新型コロナの感染者数が再び増加していることについて「心配だ」と述べた。

フォンデアライエン氏はブリュッセルで開かれたEU首脳会議後の記者会見で「EU欧州委員会は既に2件の購入契約を締結しており、さらに5件について交渉中だ。また別の4社とも協議している」と説明した。

欧州委はこれまでに、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>のほか、フランス同業サノフィ<SASY.PA>と英グラクソ・スミスクライン<GSK.L>の2社連合からそれぞれ、開発中のワクチンの供給を受けることで合意したと発表している。また米バイオ医薬モデルナ<MRNA.O>、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>、ドイツのバイオ医薬キュアバック<CVAC.O>、米ファイザー<PFE.N>と独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックの2社連合との間でも、開発中のワクチン確保に向けた協議が進んでいると表明している。

EU高官筋は先週ロイターに対し、EUが7件目のワクチン確保に向けて米バイオ医薬ノババックス<NVAX.O>と話し合っていると明らかにした。