[ブリュッセル 14日 ロイター] - 欧州連合(EU)と英国は、EU離脱に伴う通商交渉について英国側が設定した15日の期限以降も交渉を続ける見通し。関係筋の話や文書で分かった。

EUは15─16日にブリュッセルで首脳会議を開く。ロイターが入手した文書草案によると、会議ではEUのバルニエ首席交渉官に対し、移行期間が終了する年末までの合意締結に向け交渉を加速するよう求める。

これを受け、英国のフロスト首席交渉官もジョンソン英首相に、交渉継続の意志を確認し、貿易から輸送などあらゆる分野での合意が可能が検討する方針だという。

交渉に詳しい関係筋によると、フロスト氏は合意が難しいものの、双方が今後数週間に集中して取り組めば不可能ではないと述べるとみられる。

EU首脳らは会議で、交渉進展が「依然として十分ではない」との見解を示す見通し。また、関税やクオーター制を回避するために交渉決裂時の準備も加速する方針。また、英国側に従来の離脱協定の完全な順守を要請する。

EU首脳会議の議長であるミシェルEU大統領は各首脳宛ての招待状の中で「移行期間終了前に合意に達することは双方の利益だ」と指摘。「しかし、いかなる代価を払ってもこれができるということではない。来たる数日間は決定的だ。主要な問題には、特に、公正な競争環境、漁業権、ガバナンス(紛争処理手続き)が含まれる」とした。

ジョンソン英首相は14日、フォンデアライエン欧州委員長と会談する予定。

あるEU外交筋は「ガバナンスに関する約束や漁業に関する進展がなければ、合意に向けた時間切れも考えられないことではない」と指摘。「つまり、ポジティブな状況でもあるが、各当事者は進展させる方法を模索するだろう。しかし、肝心なことは英国が欧州の言い値を支払おうとしないことだ」と述べた。

別のEU外交筋は「合意は依然可能だ。私はそれほど悲観的ではない」と語った。

*内容を追加しました。