[東京 6日 ロイター] - 東京都は6日、新たに1591人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。同日現在の重症者は113人と、前日の111人から2人増えた。いずれも過去最多の人数を更新した。新規感染者の7日間平均も1071人と初めて1000人を超えた。

日本医師会の中川俊男会長は会見で、過去最多となった東京の感染者数について「非常に深刻だ。緊急事態宣言が出てしかるべき状況だ」と指摘、緊急事態宣言によって国民が連帯してウイルスへの危機感と緊張感を取り戻さなければならない、と強調した。

また、感染拡大は「(緊急事態宣言の対象となる)1都3県に限定したものではないと誰もが感じているのではないか」との見方を示す一方、医療体制については「現実はすでに医療崩壊だ」と述べた。

(田中志保 石田仁志)