[チューリヒ 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は7日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンのほか、中国製のワクチンについて、緊急使用許可を検討していると明らかにした。

WHOは昨年12月31日に米ファイザー製ワクチンの使用を許可。WHOで予防接種部門を統括するケイト・オブライエン氏は「アストラゼネカ製のほか、中国製ワクチンの検証を進めている」とし、ワクチン開発業者に対し有望なワクチン候補のデータをWHOに提出するよう呼び掛けた。