[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ前米大統領が今月開かれる保守派の大規模イベントで演説することが、関係筋の話で明らかになった。政治の表舞台への復帰を目指すとみられる。

関係筋によると、トランプ氏はフロリダ州オーランドで開かれる保守系政治団体によるイベント、保守政治活動会議(CPAC)で最終日の28日に演説する予定。

「共和党と保守派運動の将来」や、「バイデン大統領のひどい国境政策」などについて語る見通しという。

2024年大統領選で共和党候補に名乗りを上げる可能性のあるポンペオ前国務長官や、サウスダコタ州のクリスティ・ノーム知事もCPACで演説する。

一方、トランプ前政権で国連大使を務めたニッキー・ヘイリー氏やペンス前副大統領は演説者のリストに名前がない。

ヘイリー氏はポリティコの記事でトランプ氏を批判しており、関係筋によると、トランプ氏はヘイリー氏による最近の面会要請を拒否したという。