[ロンドン 10日 ロイター] - 英王室は、エリザベス女王の夫で9日に死去したフィリップ殿下の葬儀を17日に執り行うことを明らかにした。葬儀はロンドン郊外にあるウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で現地時間午後3時から執り行う。

新型コロナウイルス感染を考慮し、国葬とはせず、遺体の公開安置も見送る。

葬儀はすべて城内で行い、最初に国内全土で1分間の黙とうを捧げる。遺体は聖ジョージ礼拝堂にある王室の埋葬室に埋葬される。

葬儀の様子は生中継される。17日まで全国で服喪期間とし、王室関係者は2週間の喪に服す。

葬儀は国の新型コロナ対策の指針に従って行われ、参列者は30人に限定し、マスクを着用する。チャールズ皇太子など王室関係者が棺の後ろを歩く。エリザベス女王は葬列には加わらない。

葬儀にはヘンリー王子も出席する予定。妻メーガン妃は妊娠中のため、医師から出席を見合わせるよう助言を受けている。