[台北 16日 ロイター] - 台湾は、中国からの「深刻な脅威」に直面する中、軍備増強が急務だとし、今後5年間で2400億台湾ドル(86億9000万ドル)の予算を防衛費として確保する。

2022年の4717億台湾ドルの防衛予算に追加されるが、問題なく議会で承認される見通し。

蔡英文総統は、中国が台湾に対して軍事・外交的圧力を強めているとし、中国に比べて大きく劣る台湾軍の近代化と防衛費の増強を優先課題としている。

台湾の国防部は定例閣議後の声明で「中国共産党は国防予算に多額の投資を続けており、その軍事力は急速に増大している。われわれの海域や空域に侵入して嫌がらせを行うために航空機や船舶を頻繁に派遣している」と指摘。「敵からの深刻な脅威に直面する中、台湾軍は積極的に軍備構築と準備作業に取り組んでおり、短期間で成熟した量産型の兵器と装備を確保することが急務だ」と説明した。

台湾では年1回の定例軍事演習、漢光演習が全土で行われている。16日には中国軍の武力侵攻を想定して台湾軍が南部沿岸から沖合に向けて大砲を発射した。