[ワシントン 10日 ロイター] - 米国務省は10日、イスラム主義組織タリバンがアフガニスタンを制圧して以来初めて開かれた高官レベルの対面会談は「率直でプロフェッショナル」なものだったと発表した。

その上で、タリバンはその言葉だけではなく行動によって判断されるとの立場を改めて示した。

声明によると、カタールの首都ドーハで開かれた会談で、米政府代表団は安全保障やテロに関する懸念や、アフガン内の米国人とその他の外国人ならびにアフガン人の安全な通行、女性の権利も含む人権問題を主に取り上げた。

米国によるアフガン人向けの直接の人道支援についても話し合われた。

声明は「率直でプロフェッショナルな議論だった。タリバンが言葉だけでなく行動によって判断されるとの立場を米代表は改めて示した」としている。

9日に中東のテレビ局アルジャジーラが伝えたところによると、タリバン暫定政権のムッタキ外相は、タリバンの代表が会談でアフガン中央銀行の準備金に対する禁止措置を解除するよう米国側に要請したと明らかにした。

ムッタキ氏はまた、米国から新型コロナウイルスワクチンの提供を受けるとの見通しを示し、双方は両国の「新たなページを開く」ことを議論したと語った。

バイデン政権高官は8日、ロイターに対して、米代表団はタリバンに同国で誘拐された米国人マーク・フレリクス氏の解放を要求すると述べた。さらに、アフガンが再びアルカイダなど過激派組織の温床にならないよう確証を得ることも優先課題だった。

米政権高官によると、今回の会談は、タリバンとの「現実的な交渉」の一部であり、タリバンに対する承認や正統性を与えるものではないという。