[オタワ 22日 ロイター] - カナダ政府が、新型コロナウイルス感染に伴い2020年3月に発令した国民に対する不要不急の海外渡航中止勧告を解除した。新型コロナワクチン接種キャンペーンが奏功し、感染状況が落ち着いていることが背景。

ただ、海外へのクルーズ船の旅行は引き続き控えるよう要請した。

公式データによると、カナダでは今月8日時点でワクチン接種対象者の82%弱が接種を完了している。