[ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は28日、南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株について、他の変異株に比べて感染力が強いのか、より重い症状を引き起こすのかどうかは、まだ明らかではないとの見解を示した。

「予備データは南アフリカにおける入院率の上昇を示しているが、これはオミクロン感染自体が原因というより、全体の感染者が増えているからかもしれない」とWHOは指摘した。

ただ、予備データに基づけば、オミクロン株は、感染経験者の再感染リスクに関し、高い可能性があるとの見方を改めて示した。

ワクチンを含む現存の新型コロナ対策に同株が与え得る影響を把握するため、専門家とともに取り組んでいると説明した。

「現時点でオミクロンに伴う症状が、他の変異株とは異なると示す情報はない」とした。

「当初は大学生の間で感染例が報告されているが、若者は症状が軽い傾向がある。オミクロンの重さを理解するには、数日から数週間かかるだろう」とした。

WHOによると、PCR検査では引き続きオミクロン感染を検出できており、簡易抗原検出検査への影響があるかどうかについて、研究が進められているという。