[ロンドン 9日 ロイター] - 英王室は9日、エリザベス女王(96)が10日の議会開会式を欠席すると発表した。一時的な移動の問題が理由で、医師と相談し判断したという。

長男のチャールズ皇太子が代理を務め、皇太子の長男ウィリアム王子も初めて出席する。

英国では、君主である女王が政府施政方針を読み上げて議会の新会期を正式に開会する伝統がある。

女王が前回、この行事を欠席したのは約60年前。

女王は昨年10月に体調不良で一晩入院して以降、公務を欠席する機会が増えている。