[シドニー 10日 ロイター] - オーストラリア統計局が10日発表した第1・四半期の小売売上高は、インフレ調整後で前期比1.2%増加し、市場予想の1%増を上回った。多くの品目で価格が大きく上昇する中でも、消費者の需要が堅調なことが示された。

前年比では4.9%増。売上高は931億9000万豪ドル(645億1000万ドル)で過去最高となった。

新型コロナウイルス関連規制の緩和を受け、カフェ・レストラン・テイクアウトが好調だった。