[ワシントン 13日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は13日、韓国の朴振外相とワシントンで会談した。北朝鮮が7回目となる核実験を実施する可能性について引き続き懸念しているとし、同国が軌道修正するまで圧力をかけ続けると述べた。

ブリンケン氏は会談後の記者会見で、米国は引き続き北朝鮮と対話する用意があるが、同国は対話の呼びかけに応じる代わりにミサイル実験を実施し、核実験再開の準備を進めたと指摘。「北朝鮮が軌道を修正するまで圧力をかけ続ける」と述べた。

朴外相は、核実験を含むいかなる挑発行為にも一致団結して断固として対応すると述べた。

また、北朝鮮は核実験を実施して孤立するか、外交と対話に復帰するか岐路に立っているとし、「朝鮮半島の平和と安定維持には新しい考え方が必要だと北朝鮮を説得する上で、中国が非常に前向きな役割を果たすべき」との考えを示した。

米国の核の傘について協議する拡大抑止の作業部会を早期再開することでも一致した。

朴氏は作業部会について、必要に応じた戦略資産の展開を協議するとしたが、詳細には踏み込まなかった。

ブリンケン氏は、米国は軍事態勢を短期的、長期的に適宜調整する用意があると述べた。今後数週間で作業部会が再開されるとの見方を示したほか、米韓は合同軍事演習の拡大について協議する決意だと述べた。