[ワシントン 14日 ロイター] - 14日公表のロイター/イプソス調査によると、バイデン米大統領の支持率は39%と3週連続で低下し、5月に記録した就任以来最低の36%に迫りつつある。不支持率は56%だった。

バイデン氏の支持率は昨年8月からずっと50%を下回ったまま。このままでは11月8日の議会中間選挙で与党・民主党が上下両院の少なくとも一方で多数派を失う恐れがある。

民主党員のバイデン氏支持率は昨年8月が約85%だったが、今回は74%まで下がった。野党・共和党の同氏支持率は11%と、8月からほとんど変わっていない。

今年に入ってバイデン政権に打撃を与えているのは、ロシアのウクライナ侵攻に伴うガソリン高や新型コロナウイルスのパンデミックの影響が尾を引くサプライチェーン(供給網)混乱を背景とした物価の高騰だ。

トランプ前大統領の最低支持率は2017年12月の33%だった。