[キーウ 16日 ロイター] - ドイツ、フランス、イタリアの首脳が16日にキーウを訪問するとみられている。ウクライナ支援で団結を示すことが目的。

3首脳のキーウ訪問は、対応を巡りウクライナ国内で批判があったことから実現に数週間の調整が必要だった。

マクロン氏は訪問先のルーマニアで「われわれ欧州人はウクライナと国民に明確な政治的メッセージを送る必要がある」と述べた。詳細には触れなかった。

ウクライナは対応の遅さでフランスとドイツ、そしてやや控えめながらもイタリアを批判してきた。武器供与の遅さ、ウクライナの自由と安全より自国の繁栄を優先していると主張している。

ウクライナの大統領顧問、オレクシー・アレストビッチ氏は今週の独紙ビルトで、3首脳がロシアのプーチン大統領に有利な平和協定を受け入れるようウクライナに圧力をかけることを懸念していると述べた。