[アンカラ 22日 ロイター] - サウジアラビアの実力者であるムハンマド皇太子は22日、トルコを訪問しエルドアン大統領と会談した。2018年にイスタンブールで起きたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏殺害事件を巡り悪化していた両国関係の正常化が期待されている。

会談後の共同声明で両国は新たな協力の時代を切り開く決意を強調した。

トルコ当局者によると、両国は貿易、航空便、テレビ番組放送に関する制限を解除。両国メディアのネガティブな報道も停止するという。

ただ、トルコの減少した外貨準備の回復につながる通貨スワップ協定を巡る交渉は「期待ほど」進んでおらず、エルドアン氏とムハンマド氏が協議を行う予定という。

共同声明によると、両国は貿易、防衛、エネルギー、観光分野などでの協力関係改善について協議した。トルコはサウジの投資ファンドにトルコ新興企業への投資も呼びかけた。