[上海/北京 25日 ロイター] - 中国上海市は25日、新型コロナウイルスの市中の新規感染者が24日時点でゼロとなったと発表した。同市トップの李強・市共産党委員会書記は、新型コロナ感染への「勝利」を宣言した。

上海市で、有症・無症ともに新たな感染者が報告されなかったのは2月23日以来。

李氏は中国共産党上海市代表大会の冒頭、習近平国家主席の指示を実施することで当局は新型コロナウイルスから「上海を守るための戦争に勝利した」と述べ、中央政府の感染予防対策の判断は「完全に正しい」と強調した。

ただ、対面式の授業はまだほとんど再開されておらず、屋内飲食も禁止されている。7月末まで毎週末、2500万人の住民を対象にPCR検査を実施する。

一方、北京市は感染者がここ数日減少傾向にあることから、27日から小中学校で対面式の授業を再開する。幼稚園は7月4日から再開される。