[北京 28日 ロイター] - 中国上海市は、習近平国家主席の側近である李強氏が28日、上海市の共産党委員会書記に再任されたと発表した。

李氏(62歳)は2017年から上海市のトップで、25人で構成される共産党の政治局員。今秋に開催される党大会での指導部再編で、7人で構成する最高指導部(政治局常務委員)に李氏が昇格するかはまだわからない。

李氏は常務委員候補と長らく見られてきたが、今年の新型コロナウィルス対策で上海がロックダウンに追い込まれたため、昇格の可能性が低下したとの見方が一部の政治アナリストからでている。

李氏は、習氏が浙江省トップを務めていた2000年代半ばに秘書長を務めた。