[ニューヨーク 30日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)が30日に公表したデータによると、第1・四半期に各国が保有する外貨準備でドルの比率は58.8%となり、前四半期からほぼ変わらずだった。ドルは引き続き最大の外貨準備となっている。

一方、ユーロの比率は20%で、前四半期の20.6%から低下した。ユーロの比率は2009年に28%と過去最高を記録していた。

ソシエテ・ジェネラルの為替ストラテジスト、ケネス・ブルー氏は「ウクライナで起きたことを踏まえると、(IMFの)データは大きな驚きではない。ドルは強くなり、ユーロは弱くなった。この傾向は当面続く」との見方を示した。

第1・四半期に人民元の外貨準備に占める割合は2.8%で、前四半期から横ばいだった。円の割合は5.3%で、前期の5.5%から低下した。

世界の外貨準備総額は12兆5500億ドルで、前四半期の12兆9200億ドルから減少した。