[1日 ロイター] - 米議会上院のチャック・シューマー院内総務(民主党)など複数議員は商務省に書簡を送り、中国の長江存儲科技(YMTC)に禁輸装置を講じるよう求めた。

議員らはレモンド商務長官に宛てた7月28日付の書簡で、YMTCなど中国の半導体メーカーが国家安全保障と米半導体企業に与える脅威が増していると指摘した。

米政府は2019年に中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)に禁輸措置を発動したが、議員らは書簡でYMTCによる供給で制裁効果が制限されていると指摘した。

YMTCは、スマートフォンやパソコンなどの機器やデータセンターで使われるNAND型フラッシュメモリーチップを製造している。

2016年に設立され、世界のNAND型フラッシュメモリーチップ生産で占める割合は5%程度だが、1年前からはほぼ倍増している。

これとは別にロイターは1日、関係筋の話しとして、米政府がYMTCなど中国の半導体メーカーへの米国製半導体製造装置の出荷制限を検討していると報じた。