[東京 4日 ロイター] - 日本政府は4日夜、中国が同日午後に9発の弾道ミサイルを発射し、うち5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したものと推定していると発表した。中国の弾道ミサイルがEEZ内に落下したのは初めて。外交ルートを通じて中国に抗議した。

岸信夫防衛相は4日夜に記者会見し、「日本の安全保障、国民の安全に関わる重大な問題。強く非難する」と発言。「非常に威圧的な訓練だ」と話した。最も近くに落下したのは与那国島の北北西約80キロだが、これはEEZ外だったという。

中国は米国のペロシ下院議長の訪台に合わせ、同日から台湾周辺で軍事演習を開始。日本の近海にも訓練海空域を設定している。

日本と中国はこの日、カンボジアで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)会合に合わせ外相会談を開く予定だったが見送った。台湾情勢を巡って主要7カ国(G7)が出した声明に中国側が反発した。G7の外相は3日、中国に対し、台湾海峡周辺の緊張を平和的に解決するよう呼びかける声明を発表した。