[ソウル 6日 ロイター] - 北朝鮮は6日、ペロシ米下院議長が韓国訪問中に北朝鮮に対する抑止力の維持に支持を示したことを非難した。

ペロシ氏は4日に韓国の金振杓国会議長と会談し、北朝鮮に対する強力で広範な抑止力を維持し、同国の非核化達成に向けた取り組みを支援すると表明した。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、ペロシ氏の発言は朝鮮半島の緊張を激化させようとする米国の計画の一環だと非難。また、同氏が米国の対北朝鮮敵視政策を正当化したり、米国の軍備増強を支持しようと試みたと伝えた。

報道によると、北朝鮮外務省のチョ・ヨンサム報道局長は談話を出し、「国際的平和と安定の最大の破壊者」であるペロシ氏が台湾訪問で「中国人民の怒りを買った」と強調。

「米国は、ペロシ氏の訪問場所によって生じた全てのトラブルの火種に関し、大きな代償を払わなければならないだろう」とした。