[上海 14日 ロイター] - 中国上海市の教育委員会は14日、新型コロナウイルス感染防止策で閉鎖していた初等、中等、高等の各学校、幼稚園、保育園を9月1日に再開すると発表した。

発表によると、教師と生徒には毎日下校前にコロナ核酸検査を義務付ける。また、学校再開に先立ち、教師と生徒に市内で14日間の「自己健康管理」を求める。

上海市は、2カ月間のロックダウン(都市封鎖)に先立ち、3月中旬に全ての学校を閉鎖した。6月に中等・高等学校の一部生徒に対面授業を認められたものの、それ以外のほとんどは在宅学習をしていた。

13日に上海市で報告された新規感染者は5人で、いずれも無症状だった。

上海市は13日、感染防止策として週1回の検査義務付けと無料検査を9月末まで延長すると発表した。