[ニューデリー 12日 ロイター] - インド政府は12日、ロシア産の石油価格に上限を設ける措置の導入に関して、欧米諸国などからの圧力はないと述べた。

イエレン米財務長官は先月、ロシアの戦争資金調達を困難にするため提案されているロシア産原油価格に上限を設定する案について、インドとの協議は「心強い」内容だったと述べた。

インド財務省高官によると、同国は原油価格の上限について約束はしていないが、米国と協力しており「構想に敵意を示していない」という。

インド外務省報道官は、会見で「石油購入やそれに関連する決定は、エネルギー安全保障要件によってなされる」と述べ、価格上限設定について、特定の提案は認識していないと説明。「この件に関して(インドへの)圧力があるとの考えには同意しない」と語った。