[キーウ(キエフ) 15日 ロイター] - ウクライナ南東部でロシアの管理下にある欧州最大級のザポロジエ原子力発電所付近で15日、再び砲撃があった。国際原子力機関(IAEA)が攻撃を停止しなければ大惨事が起きると警告する中、ロシアとウクライナは今回も相手の攻撃だと相互に非難している。

ザポロジエ原発があるエネルゴダール市からドニエプル川をはさんで対岸にあるニコポル地区の当局者は、ロシア軍がエネルゴダール市を砲撃したと報告。これに対し、エネルゴダール市にロシアが派遣した当局者は、米国製の「M777」榴弾(りゅうだん)砲が約25発、2時間の間にザポロジエ原発と周辺の住宅地に打ち込まれたと述べた。

ロシアのインタファクス通信は、ロシアがエネルゴダール市に設置した管理局の報道部門の情報として、ウクライナ軍が先に攻撃を行い、ザポロジエ原発付近で爆発が起きたと報じている。

戦闘が続く中、原子力専門家は攻撃で使用済み核燃料、もしくは原子炉が損傷する恐れがあると警告。IAEAは同原発の視察を求めている。これについてロシア外務省のザハロワ報道官はこの日、「IAEAの専門家がザポロジエ原発を訪れ、ウクライナ側の破壊的行為について真実の評価を下すために必要なあらゆることを行う」とする声明を発表した。

東部ドネツク地域でロシア軍の攻撃が激しさを増す中、ウクライナ議会は戒厳令を3カ月延長。ウクライナ軍参謀本部によると、南部ケルソン地域を中心に、ロシア軍は南部の戦線で激しい砲撃を行った。

ウクライナ南部軍司令部のナタリア・フメニウク報道官は記者会見で、状況は複雑だがコントロール下にあると表明。「ロシア軍は陸路で前進しておらず、後方のウクライナ領土に砲撃を加えている」と述べた。前日にウクライナ軍が行ったヘルソン地域のアントニフスキー橋への砲撃について、ウクライナ軍はロシア軍が物資補給のために使用するルートへの砲撃を続けていると述べた。