[ソウル 26日 ロイター] - 韓国政府は26日、政府による医学部増員計画に抗議する研修医のストライキについて、2月末までに職場復帰しなければ、医師免許停止などの措置を講じる可能性があると述べた。

ストにはこれまでに国内研修医全体の3分の2以上が参加している。

病院ではストの影響で混乱が広がっており、一部の救急治療室が患者の受け入れを拒否したり、手術を延期したりしている。

李祥敏・行政安全相はタスクフォースの会議で、病院に混乱が広がり救急医療は「危険な状況」に達しているとし、「事態の深刻さを踏まえ、政府は最後の要請を行う」と表明。「2月29日までに職場に復帰すれば、既に起きたことについて責任は問われない」と述べた。

政府はこれまで、職場復帰命令に従わなければ逮捕や訴追の可能性があると警告していた。

保健福祉省の朴敏洙次官はこの日、3月1日までに職場復帰しなければ、少なくとも3カ月の医師免許停止など法的措置を講じる可能性があると述べた。

韓国ギャラップの世論調査によると、尹錫悦大統領が主導する医学部増員計画は支持政党にかかわらず国民の約76%が支持している。リアルメーターが26日公表した調査では尹氏の支持率が41.9%と、8カ月ぶりに40%を上回った。