[ジュネーブ 4日 ロイター] - 欧州連合(EU)加盟27カ国および米・英・カナダ・ウクライナなど16カ国は4日、ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の刑務所での死亡に関する独立した国際的な調査を認めるようロシアに改めて要請した。

ロッテ・クヌーセンEU大使が国連人権理事会で「われわれはナワリヌイ氏の死に憤りを感じている。最終的な責任はプーチン大統領およびロシア当局にある」と指摘。「ロシアはナワリヌイ氏の突然死の状況について、独立した透明性のある国際的な調査を許可しなければならない」と述べた。