台風5号の影響で開幕が一日延期された夏の甲子園大会は8日開会式が行われ、県代表の秀岳館も堂々の入場行進を披露しました。
午前9時に始まった開会式では沖縄代表・名護の山下明弘キャプテンが先導役を務め去年の優勝校、作新学院を先頭に北から南の順に行進が始まりました。甲子園3季連続ベスト4の県代表・秀岳館も廣部就平キャプテンを先頭に堂々の入場行進を披露しました。
そして滝川西・堀田将人主将が選手宣誓を行いました。
このあとの開幕試合では、長崎の波佐見と滋賀の彦根東が対戦しています。
秀岳館は大会4日目の今月11日第2試合で神奈川の横浜と対戦します。