北朝鮮による拉致問題について八代市で研修会が開かれ拉致被害者の家族が講演しました。
この研修会は39年前、鹿児島県出身の増元るみ子さんが拉致された日に合わせて開かれたものです。
会では増元さんの姉で八代市に住む平野フミ子さんが早期解決への思いを語りました。
増元るみ子さんの姉/平野フミ子さん「署名活動や集会などを開いて理解を求めて、その声を国会に上げてもらう、それしかできないんです」(増元るみ子さんの姉・平野フミ子さん)
また増元さんの弟、照明さんも壇上にあがり拉致事件のこれまでの経緯や問題点などを説明しました。
研修会のあとは八代市内のショッピングモールで平野さんや照明さん、そして救う会熊本のメンバーで署名を呼びかけ拉致問題の早期解決を訴えました。

動画はこちら