15日昼過ぎ、菊陽町の尚絅大学短期大学部の校舎の一室で火事がありました。けが人はいませんでした。
消防と大学によりますと15日午後3時ごろ、校舎1階の学生会室から煙が出ているのを学生が見つけ職員が消防に通報しました。
部屋の中は煙が充満していて、大学職員が火元とみられるところを消火器などで初期消火にあたったということです。
この火事によるけが人はいませんでしたが、講義を受けていた学生約300人が一時、グラウンドに避難しました。
火が出た時、学生会室には誰も居らず、今度の土日に開催される学園祭で使う荷物などが置いてあったということです。
警察と消防が何が燃えたのかなど火事の詳しい原因を調べています。

動画はこちら