熊本地震の経験を踏まえ県の防災センターが「低い階」へ移ることになりました。
県庁の最上階、10階にある県防災センターには熊本地震の災害対策本部が置かれましたが地震直後はエレベータが止まり職員の初動対応に支障が出ていました。
このため、県は来年度の一般会計当初予算案に基本設計費2900万円を盛り込み、5年後をめどに県庁新館の北側に整備を予定している新しい庁舎の「低い階」に防災センターを移しセンターの床面積も広げたいとしています。
新しい庁舎には被災した県土木事務所なども集約する予定です。

動画はこちら