大阪・淀川労働基準監督署は、労働者死傷病報告を提出しなかったとしてプラスチック製造業のタイキ工業㈱(大阪府中市)と同社の男性1人を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。昨年上半期、40歳代の男性労働者が作業中に機械類へ接触し、4日以上の休業を伴うケガを負っている。

 違反は労働者からの報告で発覚した。同労基署は、「労災かくしは再発する可能性が高い。厳正に対処し、送検に至った」と話している。

【令和2年1224日送検】