神奈川労働局(園田宝局長)は、障害者雇用の取組みが優良な中小事業主3社に「もにす認定」通知書を授与した。神奈川県での認定は、今回が初めて。

 認定を受けたのは富士ソフト㈱特例子会社の富士ソフト企画㈱(鎌倉市、須藤勝代表取締役社長)、藤沢市資源循環協同組合(藤沢市、金田勝俊代表理事)、ダンウェイ㈱(川崎市、高橋陽子代表取締役)の3社。(写真

 情報サービス業の富士ソフト企画は、各障害者への配慮事項をテーマに、管理職研修を実施。「就労は障がいを軽減する」として、うつ病や統合失調症などの精神障害と仕事が両立できるよう支援している。