神奈川県綾瀬市は、技能実習監理団体の綾瀬市商工会とベトナムの送出機関であるハイフォン社との共催で、来日した技能実習生7人に向けオリエンテーションを実施した(写真)。

 同市と2者は令和元年6月に実習生の受入れに関する覚書を締結しており、今回の7人を第1期生として迎えた(=関連記事)。

 実習生を受け入れた企業は、いずれも製造業のノーブル電子工業㈱と㈱野口製作所の2社。

 同市は「これから3年間は、綾瀬市民として、会社や地域の人たちとのコミュニケーションを大切にしてもらいたい」と話している。実習生が安心して生活できるよう支援していくとした。