岡山・笠岡労働基準監督署は、今年2月1日〜12月31日を期間とした「全員でゼロ災に全集中キャンペーン」(3Zキャンペーン)を始めた。「危険は常に潜んでいる。自分の同僚の命と健康を守るため、全員で危険の芽を摘み取りゼロ災の達成に全集中だ!」と事業場の取組みを促している。

 昨年、同労基署管内で発生した労働災害件数は194件(速報値)。前年から大幅に増加し、過去20年間で最も多い数となっている。死亡を含めた重篤なケガを負った例も少なくなく、事業者、労働者全員が安全に意識を向けてもらえるようにと長期キャンペーンを企画した。作成したポスターには、「機械が止まったぞ!カバーを開けてみよう!」「この荷物重いなあ!でも頼みにくいから一人で運ぼう」「この機械の運転は掃除中の方がはかどるんだよね」など、セリフ形式でケガをしやすい場面を紹介している。今後はパトロールや臨検監督を強化するとともに、業種ごとの災害事例検討会なども開催していく考えだ。

 2月17日には建設業労働災害防止協会や全日本トラック協会などの支部に会員事業場への周知を要請した。災害の特徴としては、経験1年未満の未熟練者や60歳以上の高年齢者や割合が高い。新入社員が入社する4月に安全衛生教育をしっかりと行うことや、高年齢者への安全衛生面での配慮、労働者一人ひとりへの労災防止の意識付け、コロナ禍を理由に安全衛生管理に手を抜かないなど、事業場での対策推進を求めた。