香川・観音寺労働基準監督署(村上誠署長)は、「SafeWork88―西讃地域建設業無災害への道88日間―」に取り組んでいたが、3月19日に香川県建設業協会西讃支部会館で達成事業者の表彰式を行った(写真)。

 同労基署は昨年11月16日から今年2月11日までの88日間に「労働災害ゼロ」「経営トップによる安全への所信表明」「トップの安全パトロールの実施」「ヘルメット着用率100%」「墜落制止用器具着用・使用率100%」の5項目について取組みを要請。倉田建設㈱、㈱安藤建設など32社が達成している。

 表彰式では村上署長が「安全文化がますます根付いてくれることを今後も期待している」と挨拶した。