監督指導を行った実習実施者のうち、労働基準関係法令違反が認められたのは70.8%

 厚生労働省は、このたび、全国の労働局や労働基準監督署が、令和2年に外国人技能実習生(以下「技能実習生」)の実習実施者(技能実習生が在籍している事業場)に対して行った監督指導や送検等の状況について取りまとめた。

令和2年の監督指導・送検の概要

■ 労働基準関係法令違反が認められた実習実施者は、監督指導を実施した8124事業場(実習実施者)のうち5752事業場(70.8%)。

■ 主な違反事項は、(1)使用する機械等の安全基準(24.3%)、(2)労働時間(15.7%)、(3)割増賃金の支払(15.5%)の順に多かった。

■ 重大・悪質な労働基準関係法令違反により送検したのは32件。

詳しくはこちらをご覧ください。

外国人技能実習生の実習実施者に対する令和2年の監督指導、送検等の状況を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20618.html