北海道労働局は、令和2年の申告事案に関する集計を公表した。件数は1334件で、前年比18.7%(306件)減少している。

 申告事項の内訳をみると、賃金や残業代の不払いを指す「賃金不払い」が971件だった。解雇予告手当が支払われずに解雇されたことなどが含まれる「解雇」が195件で続いた。全体の9割を賃金不払いと解雇が占めている。

 業種別では、接客娯楽業、建設業、商業、保健衛生業が多くなっており、それぞれ213件、211件、203件、192件だった。