建設業労働災害防止協会長崎県支部と長崎県立長崎工業高等学校は8月22日、安全教育や現場で必要な資格取得について連携し、労働災害防止の理解と啓蒙啓発を図ることを目的とした協定書の締結を行った。高校と建災防との相互連携は全国初の取組み。

 具体的には、建災防会員企業の協力を得て安全パトロールの同行、フルハーネス型墜落制止用器具の体験研修などを順次行い、安全衛生環境の推進と人材育成を図っていく。

 生徒代表で挨拶を行った建築科3年の平山裕都さんは「みんなが安心して働ける環境を整えられる施工管理者になりたい」と建設業界の発展に力を尽くすと誓った(写真)。