大阪・淀川労働基準監督署は、労働者死傷病報告を提出しなかったとして、ガス管配管工事業の㈱吉開工業(大阪府門真市)など合計1法人2人を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。送検されたのは同社の代表取締役のほか、同社の上位請負会社の労働者。

 労災は令和元年11月、大阪市東淀川区内のガス管撤去工事現場で発生した。同社労働者が作業中に足首を負傷して4日以上休業している。

 同代表取締役は、上位請負会社の労働者の幇助のうえで、労働者死傷病報告を提出していなかった疑い。

【令和4年7月15日送検】