鹿児島労働基準監督署は、令和3年9月に発生した労働災害に関連して、南九州コンテナサービス㈱(鹿児島県日置市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で鹿児島地検に書類送検した。フォークリフトを主たる用途以外の目的で使用した疑い。

 同社の事業内容はフレコンバッグの洗浄や補修管理となっている。労災は、同社の洗浄工場で発生した。労働者2人が高さ1.8メートルのコンテナに詰め込まれていたフレコンバッグを取り出す作業を行っている際、1人が死亡している。2人の労働者のうち…

【令和4年9月9日送検】