労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2019年09月26日 【送検記事】
 新潟労働基準監督署は、伐木作業中に労働者が墜落死した労働災害で、寺澤造園(新潟県新潟市)の名前で造園業を営む個人事業主を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで新潟地検に書類送検した。

 労働災害は令和元年7月11日に、同市内の山林で起きた。伐木作業には個人事業主が雇用する72歳の男性労働者が従事していた。労働者は雑木の根元を切り倒そうとしたが、「つる」が絡まり木が倒れなかった。木を倒すため、木に「はしご」をかけて上り、絡まったつるをのこぎりで切ったところ、直後に木は倒れ、労働者ははしごの上でバランスを崩し、4メートル下の地面に墜落した。労働者は救急搬送されたが同日死亡が確認された。死因は頚椎骨折だった。

2019年9月26日掲載記事を読む